トリキュラーとは

トリキュラー(Triquilar)は、バイエル社(旧シェーリング社)が販売している低用量ピルです。

このトリキュラーは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を配合した、排卵抑制作用を有する三相性の低用量ピルになっています。

三相性なので、黄体ホルモンの配合量が6日→5日→10日と3段階に多くなります。

黄体ホルモンの配合量が3種類ありますので、飲む順番に注意が必要ですが、パッケージシートの裏に記載されてある矢印に従えば間違うことはありません。

また、トリキュラーは第2世代の低用量ピルですが、最もポピュラーな経口避妊薬なので、その分、安心です。

低用量ピルは現在、第4世代のものまでありますが、第2世代のものと比較して、第3世代や第4世代のものの方が静脈血栓症の発症が多いというデータもありますので、新しい世代のほうが一概にいいとは言い切れません。

トリキュラーの種類

トリキュラーの種類には、21錠タイプと28錠タイプがありますが、その違いは、7錠分の飲み忘れ防止の偽薬(プラセボ)がついているかどうかです。

トリキュラーEDという名称になっているものもありますが、内容は同じで、21錠タイプか、プラセボ付きの28錠タイプのどちらかです。

トリキュラーの価格

トリキュラーの価格は、病院の産婦人科やレディースクリニックで処方してもらうと、1シートで2500円〜3000円ぐらいになるようです。

場所によって価格は違いますので、もう少し安いところもあるかもしれませんが、通販(個人輸入代行)を利用すると、その5,6分の1ぐらいの価格になりますので、通販を利用して購入したほうが断然お得です。

トリキュラーED(28錠タイプ)

トリキュラーED(Triquilar ED)

1シート  11.40ドル

3シート  16.20ドル

6シート  23.20ドル

上記は、2014年9月23日時点でのオオサカ堂での価格です。(価格は変動します)

1ドル110円で換算すると、6シートで2500円ぐらいなので、かなり安いです。

トリキュラー21(21錠タイプ)

下記は、2014年9月23日時点での輸入代行業者K社での価格です。(価格は変動します)

1シート  2,780円

3シート  3,680円

7シート  4,780円

12シート  6,580円

こちらは日本円表記ですが、以前に比べると、かなり価格が高くなってしまいましたので、オオサカ堂でトリキュラーED(28錠タイプ)を購入するほうがいいかと思います。