二相性の低用量ピル オイレズ(Oilezz)

オイレズ(Oilezz)は、オルガノン社が開発した最新の第4世代低用量ピルで、お肌の余分な皮脂を抑える副効用がニキビに効果的とされています。

オイレズ ピル(Oilezz)は、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えている段階型二相性の低用量ピルで、他の一般的な低用量ピルと違って、1シートが22錠になっており、休薬期間が6日間に設定されています。

用法としては、生理の初日に青いタブレットから服用を開始し、毎日同じ時間に1錠ずつ服用していきます。

青いタブレットを7錠服用後、白いタブレットの15錠を服用し、服用22日間後に、6日間の休薬期間をおいてから次のシートの服用を開始します。

オイレズの成分は、青色の錠剤(7錠)がDesogestrel 0.025mg & Ethinylestradiol 0.04mg、白色の錠剤(15錠)がDesogestrel 0.125mg & Ethinylestradiol 0.03mgとなっています。

1シート22錠で23.5ドル、3シートで54.5ドルなので、他の一般的な低用量ピルに比べると少々割高ですが、ニキビに効果的という副効用がありますので、避妊以外の効果も期待したい場合には、この低容量ピルを試してみるのもいいかと思います。

経口避妊薬の人気ランキング