世界中で使用されているアフターピル「i-Pill(アイピル)」

緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル)1.5mgは、世界中で使用されているアフターピルです。

アフターピルは大きく分けて、ノルレボ系のような2錠タイプと、アイピルやエラワンのような1錠タイプの2種類があります。

アイピルは1錠タイプで、性行為後、72時間以内に服用することで、意図的にホルモン値を乱し、着床を防ぎます。

避妊の成功率としては、24時間以内の服用なら95%、72時間以内の服用なら75%といわれており、性行為後の服用が早いほど避妊の成功率は高まります。

また、ノルレボ系と違って、1錠タイプなので、飲み忘れる心配がありません。

発送は、香港から国際書留郵便での発送になります。

ノルレボ系アフターピルの2種類

日本の産婦人科でも処方してもらえるアフターピルである「ノルレボ」のジェネリック薬2種類を紹介します。

マドンナ(Madonna)

マドンナ(Madonna)は、Levonorgestrel(レボノルゲストレル) 0.75mgを主成分とするノルレボ系のアフターピルです。

ジェネリック薬ということと、外国からの個人輸入ということで、価格は10.8ドルと格安です。

日本のレディースクリニックや病院の産婦人科でノルレボを処方してもらうと、15000円以上はします。

性交後72時間以内に1回目の1錠を服用し、その12時間後に2回目の1錠を服用するという2錠一式タイプです。

マドンナは、低用量ピルなどとは違い、避妊率は100%ではありませんが、たとえ受精が起きてしまっても、子宮内膜への着床も防ぎますので、失敗率は2.5%程度であると言われています。

発送は、シンガポールから国際書留郵便での発送になります。

ポスティノール(Postinor)

ポスティノール(Postinor)は、Levonorgestrel(レボノルゲストレル) 0.75mgを主成分とするノルレボ系のアフターピルです。

ジェネリック医薬品ということと、個人輸入ということで、価格は11.3ドルと格安です。

日本のレディースクリニックでノルレボを処方してもらおうとすると、診察料込みで16800円というところもあります。

ポスティノールは、薬に含まれるプロゲストーゲン剤の作用により、内膜の増殖を抑えて、受精しても着床でき難い状態を作り出します。

そして、同時に子宮の入口にある頚管粘液の性状が濃厚粘稠となって、精子が子宮内に入って行けない環境にすることによって避妊を実現しています。

性行為後72時間以内に1回目の1錠を服用し、その12時間後に2回目の1錠を服用する2錠一式タイプです。

発送は、シンガポールから国際書留郵便での発送になります。

従来のタイプより効果が高いアフターピル「エラワン(Ellaone)」

エラワン(Ellaone)30mgは、従来のタイプより効果が高いとされるアフターピルです。

他のアフターピルは性交渉後72時間以内の服用であるのに対し、このエラワンは、性交渉後5日以内に服用することで、95%以上の効果があると言われています。

非常に優れた商品ですが、価格が57.2ドルと、他のアフターピルに比べると、3,4倍の価格になっています。

従来のタイプより効果が高いとされるエラワンですが、価格がネックなので、性行為後72時間以内にアフターピルを服用できるようであれば、他の商品を使ったほうが格安でいいかと思います。

発送は、香港から国際書留郵便での発送になります。

アフターピルの通販(個人輸入代行)

アフターピルの通販は、オオサカ堂や、その姉妹サイトであるオランダ屋で個人輸入の代行を行ってもらえます。

オオサカ堂もオランダ屋も価格は全く同じですので、どちらを利用されても変わりません。

発送は、商品の種類によって異なり、シンガポールや香港などから国際書留郵便での発送になります。