低用量ピル最新人気ランキング

トリキュラーED(Triquilar ED)
トリキュラーED(Triquilar ED)は、自然なホルモン分泌パターンに似せて、薬の総含有量を低く抑えている段階型三相性の低用量ピルで、日本国内処方の「トリキュラー」と同製品です。 低用量ピルとしては、もっともポピュラーな商品です。 産婦人科でも処方してもらうことができますが、値段を考えると、個人輸入の代行を使ったほうが格安です。
マーベロン28(Marvelon28)
マーベロン28(Marvelon28)は、Organon社が販売しているEthinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.03mgとDesogestrel(デソゲストレル) 0.15mgの成分を持つ低容量ピルです。 マーベロン28は、男性ホルモン様作用の弱い第三世代の黄体ホルモンが配合された毎日飲む習慣をつけるためのプラセボ付き28錠入りの低用量ピルになっています。 ホルモンバランス変化による体重変化や、ニキビの発生が少なく、不正出血を起こしにくいのが特徴です。 低用量ピルの中では、トリキュラーEDに次ぐ、2番人気の商品です。 7錠のプラセボが付いていない1シート21錠入りのマーベロン21(Marvelon21)もありますが、マーベロン28と価格が同じになったので、マーベロン21を選ぶ理由がなくなり、ランク外となってしまいました。
ヤスミン(Yasmin)
ヤスミン(Yasmin)は、21タブレットタイプの最新の第四世代低用量ピルです。 これまでのピルの副作用でみられた若干の体重増加をなくすことを重点に開発された新しいタイプの低容量ピルです。 トリキュラーやマーベロンより若干割高ですが、産婦人科で処方してもらうことを考えると、個人輸入の代行なので、格安で手に入ります。
ダイアン(Diane-35)
ダイアン(Diane-35)は、アジア人のために作られた安全な低用量避妊ピルです。 プロゲストゲンである酢酸シプロテロンと、エストロゲンであるエチニルエストラジオールの2種類のホルモンが含まれている1シート21錠タイプの低容量ピルです。 ダイアンに含まれている酢酸シプロテロンには、男性ホルモンに起因する男性型多毛症や抜け毛、ニキビなどの症状を抑える効果があり、女性ホルモン剤として使用されることもあります。 ダイアンのジェネリック薬に、スーシー(Sucee)というのもありますが、オオサカ堂ではダイアンが値下げされたため、ジェネリック薬のスーシーより、本家のダイアンのほうが安くなっています。
ヤズ(Yaz)
ヤズ(Yaz)は、新種のプロゲスチンであるドロスピレノンを含有する新しいタイプの避妊用ピルで、月経期間を短くする新しいタイプの超低用量ピルです。 日本ではヤズではなく、ヤーズという表記になっているところもあります。 産婦人科などで処方してもらえる超低用量ピルはこのヤズ(ヤーズ)です。 超低用量ピルなので、エチニルエストラジオールが0.02mgと、低容量ピルよりはエストロゲンの量が少ないです。 通常の低用量ピルは、有効成分錠剤を21錠服用後、7日間の休薬期間で28日間周期となるのが一般的ですが、このヤズの場合は、有効成分錠剤を24錠服用後、4日間の休薬期間で28日周期となる新しいタイプの経口避妊薬です。

このサイトで紹介している低用量ピルは、オオサカ堂で個人輸入の代行を行ってもらえます。
個人輸入の代行を行っている業者は他にもありますが、オオサカ堂が最も有名ですし、価格も安いのでオススメです。
ちなみに、オランダ屋はオオサカ堂の姉妹サイトなので、価格などは全く同じです。